基本理念

​桶田塾.は

  1. 個別部門(単科 小3~高3)
    ①国語専門部 ②英語専門部 ③算数・数学専門部

  2. 個別セット高校受験部(小中学生対象。受講条件があります)
              

の2部門を軸に、運営しています。
 もともとは国語専門塾としてスタートした特色を生かし、国語力養成に重点をおき、どの科目にも、また、社会に出てからも通じる基礎学力・論理的思考力・読解力・記述力を養います。

​当塾では

  1. 基礎学力を定着させ、それをさらに発展、応用し高い学力をつけていくこと。

  2. 指導を通して、現代社会に確固としたアイデンティティをもって生きていける強い子供を育成すること。

 

この2つを基本理念としています。それは、スパルタを強制するとか、賞罰を厳しく設けるとかそのような次元の話ではありません。

 

   ここでいう基本理念というのは、塾にとって生命線ともいえる、教務力と学習環境を指します。生徒に対する質の高い授業の提供、授業を通じて、人間としてもしくは日本人としての普遍的真理・知性・エートスを共有していけるような環境。これら2つがこの塾の命であり、それが、子供の人格を醸成していき、個の核を形成していく大きな要素と考えています。

 

   “個”を形成するのは、まずは基礎学力、そして、それには知的な環境での学習や読書、また、基本的な生活習慣や学習習慣が必要不可欠です。それがこの教室の型であり、その型を子供が身につけていくことで、個が育まれると考えています。何よりも“個性”が叫ばれる時代になりましたが、型が身につかない、型にはまることのできない個は、個ではなく“孤”です。そんな“孤”が増えていったことと、世の中がニート・フリーター天国になっていることとは大きな関係があるのではないかと思います。

 

   私自身のことになりますが、私は小学5年生から、両親の強い勧めで、ある塾に通い始めました。そこには、本がたくさん置いてあり、本好きだった私は、自由に読んでいいと言われ、喜んでそこにある本を読み漁っていました。しかも、本を読みたいがために、授業開始より1時間以上も前に行っても、本を読みたい私を放っておいてくれました。

 

   また、好奇心旺盛で知りたがりだった私は、授業中、授業に関係あるないに関わらず、いろんなことをよく質問していました。今考えるととても迷惑な生徒だったと思うのですが、先生は、それを授業で取り上げ、私が納得するまで話をしてくれました。先生には一度も拒絶された記憶はなく、私はそこに行くのが楽しくて仕方がありませんでした。そのような場所と先生の下で勉強したことは、今思えば、何ものにも代えがたい豊かな時間であり、確実に今の私の土台を形成してくれたと思っています。

 

   この教室は、まさにその当時私が通っていた塾がモデルになっています。そして、私の知性の扉を開いてくれたその塾と先生、両親に対する感謝の気持ちと、また、これから自分の教室に通ってくれる子供たちに、自分が経験したことと等しく豊かで幸せな時間を持ってほしいという願いの下、私はこの教室を運営しています。芭蕉が不易流行と言ったように、私自身の原風景であり、現実でもあり、理想でもあるこの教室が、今を生きる子供達にとってかけがいのない場所となってくれることを願って止みません。

教室の特長

思わず手にとってみたくなるたくさんの良書

 自慢と言えるほどの量でもありませんが、この教室にはたくさんの本があります。どの生徒も教室にある本を自由に借りていくことができます。この教室に通うことで、多くの子供が本を読む楽しさを学んでいます。

けじめある学習空間

 この教室には二つの全く異なった密度の濃い時間が流れます。それは、けじめをつけて楽し学習する知的緊張感のあふれる時間と、リラックスできる環境でゆっくりと本を読んだりするサロン的な時間、この二つの時間です。今まで授業で子供らしく無邪気に、先生と活発にやりとりをしていた小学生が、読書の時間には人が変わったようにしんとなって本を読みふける。そして、ああ今日も楽しかったあと言って、帰っていく。こんな光景は日常茶飯事です。

生徒の成長を見守る教室

 生徒をお客様扱いしません。当たり前のことですが、悪いことをしたら怒り、よいところは大いにほめます。特に中学生に対して言えることですが、塾を辞めてほしくないがために、怒らない、歯の浮くようなお世辞を言う、そんなことはしません。子供たちが本音ならば、こちらは本気です。建前、奇麗事は排除します。また、生徒によっては、まだ小さい3,4年生ぐらいから指導を始め、高校生になるまで面倒を見る子も多数います。ざっと6、7年、大学入試まで含めれば10年近いお付き合いをする子もいます。そんな長い関わりをしていくには、単なる教科指導に留まらない人格形成も含めた指導が肝要です。

© 2023 著作権表示の例 -Wix.com
で作成されたホームページです。