英語専門部のご案内

 中学生の指導内容は、基本的に高校受験部の英語科の基本方針と同じです。(高校受験部の英語の指導方針はこちら)特に限定した訳ではありませんが、現在はNew Treasure(ニュートレジャー)やプログレスなどを使用する私立中高一貫校や市立浦和中高の生徒が多くいます。個別ということなので、生徒の段階に応じた適切な指導ができるということがメリットとして上げられます。

 英語がとても得意な場合は、学年や学校の進度に関わらずどんどん先に進めることができます。中3の段階で英検2級、準2級を取れるぐらいが目安になり、学習内容も大学受験レベルにまで及びます。このぐらいのレベルになると、文法的な学習(中学生の範囲)は一通り済んでいることが前提です。

 苦手な場合は、高校生でも、中学文法を一からおさらいし、しっかりと基礎固めをしていく指導をしています。

 一般に中学受験生は、英語が不得意になる生徒が多く見られます。英語は積み重ねがものをいう科目のため、中学受験を終え、気が抜けて、勉強する習慣がなくなってしまった生徒は、私立の速い学習進度のせいで、いつのまにか何をやっているのか分からなくなっている場合がとても多く見られるのです。しかも、勉強する生徒はしっかり勉強するので、どんどん差が開き、高校生になってとんでもない差が開いている状況になっているのも珍しくないはずです。